メビックスでは、2019年卒新卒採用を行っております。
詳しい情報やエントリー、説明会情報・先輩の働き方等はリクナビからご確認ください。

ご応募お待ちしております。

私たちはこんな事業をしています

ITの力で医療に変革を。国内No.1の実績で、多くの患者さんがより良い治療を受けられる世界を目指します

  • 重要度を増す「医学的根拠(エビデンス)」構築のための臨床研究(リアルワールドエビデンス)において、国内No.1の実績CRO
  • 試験の企画立案~統計解析・論文作成まで研究をリード。日本の治療ガイドラインの見直しにつながる研究
  • 非効率の多い医薬研究開発のe化にグループ一丸で取り組み、医療の変革に挑戦

当社の魅力はここ!!

事業優位性

医療×ITの実現。医薬研究開発の非効率を、eの力で解決

医療現場で重要視される日本の臨床研究ですが、非効率な部分が多いのも現実。エムスリーグループは、ITによる業界変革を目指し、ネットを通じた全く新しい事業モデルを展開。数千症例・数百施設に及ぶ大規模臨床研究ができるのは、e化による効率的なモニタリングを実現したメビックスだからこそ。◆全国8割以上の医師が利用する医療専門サイト「m3.com」の強力なインフラを活用し、臨床研究で最も重要な施設選定を効率化。研究施設・医師を選定する新しい事業モデルとして、大きな反響を得ています。◆独自開発のEDCシステム(CapTool):大規模臨床研究使用実績NO.1!メビックスの豊富な経験とエムスリーのeの力で、IT主導の臨床研究が拡大中!

事業・商品の特徴

治験だけではわからない、真の薬の価値を探究する「臨床研究」

エビデンス構築を目的とした「臨床研究」に特化したCRO、国内No.1の実績。  近年、エビデンスの重要性が高まっています!薬は、「治験」により安全性や効果を認められ、発売・処方されます。しかし、治験のグローバル化により、新薬発売時点で日本人のデータが減少しています。また、治験は数ヶ月で薬の効果を検証しますが、実際の医療は、「年単位」での観察や症状経過評価が重要です。  そこで求められるのが「医学的根拠(エビデンス)」。  数年をかけ行われる臨床研究では、治験で現れない薬剤別の特徴が出ることも。国内のエビデンス構築は、論文・学会発表、治療ガイドライン見直し等、多くの患者さんのより良い治療に繋がります。

社風・風土

やる気と実力が評価される、フラットで風通しのよい組織風土

【自主性・フラット・実力主義】個人の向上心ややる気を重視する組織風土があり、実績をしっかりと評価。フラットで風通しが良く、自分の考えを直接経営陣に提案できます。若手社員の活躍が目立つ職場です。【入社1年目から活躍】新卒1年目から、一人前のCRAとして医師と直接やり取りをする等、早くから責任のある仕事ができます。【20代リーダー】成果を出せば、若くしてリーダーに抜擢され、会社の中枢で活躍も!30代と50代が管理職として肩を並べます。【多彩なキャリアパス】個人のキャリアアップを支援。CRA以外の職種にキャリアチェンジする先輩も!他業種からの中途社員や、元MR・CRCの先輩もいるので、様々な人と助け合える環境も特徴。


みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆臨床研究CRA(モニター)職
Mebixが受託する「大規模臨床研究」は、製薬会社や医師の学会団体等が主導するものです
新しい有効な治療方法を明らかにすることで、日常診療の指針となり病気の治療に役立ちます

CRAは、試験が研究実施計画書に沿って正しく実施されているかを確認をする仕事
エムスリーグループ独自のITツールを活用した「e-モニタリング」も始まっています

◆データマネジメント職

◆統計解析職


先輩社員にインタビュー

風通しがよく、やる気次第で様々な業務にチャレンジ出来る

研究推進本部
M・T
東京大学大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻

[指向タイプ] 我が道を行くパイオニア

エムスリーグループ【メディアを活用し、医療の世界を変革します】の衝撃

研究推進本部
M・A
東京理科大学 理工学部・応用生物科学科

[指向タイプ] 人を巻き込むコーディネーター

会社や社員の方々の雰囲気が好きです

研究推進本部
A・N
東京理科大学大学院 総合化学研究科

[指向タイプ] 人を巻き込むコーディネーター


会社データ

事業内容■ 企業理念
「いのちの大切さを尊重し、臨床試験の新しい仕組みの提供を通じて、
 医療と国民の健康に貢献する」

■ ITを活用した大規模臨床試験支援事業
 ・試験コンサルティング業務
 ・モニタリング業務
 ・データマネジメント/統計解析/QC業務
 ・メディカルライティング業務
 ・システム開発・販売業務

■ 社名の由来
Medical(医療)、Bioinformatics(生命情報科学)、
この2つの融合によりメビックス(Mebix)という社名が誕生しました。

■ エムスリーグループ
メビックスは、東証一部上場企業であるエムスリーグループに、CROとして最初にグループインしました。
効率的な施設選定など、グループ会社全体でe化を推し進めています。
メビックスの特徴■ ITによる臨床研究の変革を目指しています
■ 大規模臨床研究、リアル・ワールド・エビデンスの分野でNo.1のCROです
■ ネットを通じた全く新しい臨床研究モデルを、次々に展開しています
■ 配属の他、様々なタスクフォースもあり、自ら希望すればキャリアやチャレンジの機会が数多く有ります
   ベテランのサポートを受け、20代のプロジェクトリーダーたちが活躍中!
設立2001年5月
資本金5,000万円(2016年4月1日現在)
従業員数2017年度 グループ連結売上高 : 94,471百万円
(単体での売上高は非公開)
代表者代表取締役社長 外海実
事業所■ 東京本社 :東京都港区赤坂 一丁目11番44号
■ 虎ノ門オフィス:東京都港区虎ノ門 三丁目8番21号
■ 大阪オフィス :大阪府大阪市中央区平野町 三丁目6番1号
CRO業界について~臨床研究の意義~近年「医学的根拠(エビデンス)」の重要性が増しています。
医師の、医薬品選択や処方変更理由のトップが、この「エビデンス」であり、
臨床研究なくして、エビデンスは構築できません。

数か月間で行われる治験と比べ、
実際の医療では、年単位での観察や症状経過評価が重要です。
(一生お薬と付き合い続ける患者様も数多くいます。)

臨床研究は、数年をかけて行われ、
治験で現れない薬剤別の特徴が出ることも珍しくありません。
(実際の医療現場での治療に役立つデータを追いかける研究です。)

臨床研究による国内のエビデンス構築は、論文・学会発表、治療ガイドラインの見直し等、
多くの患者さんへの「より良い治療」につながります。

連絡先

株式会社メビックス
■ 東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ
■ TEL:03-4362-4500(人事担当:原田)
■ e-mail:mebix-saiyo@mebix.co.jp
■ ホームページ:http://www.mebix.co.jp/

【交通】
東京メトロ 銀座線・南北線    「溜池山王」駅  出口徒歩2分
東京メトロ 千代田線・丸の内線 「国会議事堂前」駅  出口徒歩2分

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。